TRM®M セラピーボール修了書コース とは?

 

ロールモデル®メソッド 修了書コースとは?

The Roll Model® Method はYoga Tune Up®のシステムの中の、セラピーボールと筋膜リリースのプログラムです。The Roll Model® Method修了書コースではRoll Model®セラピーボールを使った独特のセルフマッサージと骨格、筋肉と筋筋膜の仕組みを学びます。パーソナルトレーニング、ストレッチ、ピラティス、ヨガ、ダンスクラス、ウェルネスのコーチ、マッサージセラピー、子供さんやスペシャルニーズを抱えた人々に相対する環境で大変有効です。ロールモデル®セラピーボールを使って、みなさんと周りの方々が、ご自分でセルフケアを始められるようにお手伝いしてあげてください。

ロールモデル®メソッド修了書を取得するのはこんな方が適しています。

ー自分の健康管理を自分でしていきたい、家族にも分かち合いたい方

ー理学療法士、スポーツトレーナー、介護士の方

ー鍼灸、マッサージ師、整体師、セラピストの方

ースポーツ、ダンス、ヨガなどによる故障のリハビリ中の方

ースポーツ、フィットネス、ヨガ、ピラティス、ダンス、エアロビクスなどの指導者

3 Balls #2 copy

ロールモデル®メソッドー筋膜リリースの科学(M1)

このコースではスポーツトレーナーや理学療法士、多分野の指導者、または一般のユーザーが、最新の痛みの生理学と筋膜の科学を、そしてクライアントや個人に合わせた簡単で効果的なセルフケアの方法を学ぶお手伝いをします。このメソッドを習得することでご自身の健康維持と怪我予防ができ、またマッサージや整体など高価な治療費を節約することができます。頭から足先まで、この専門家の間でも定評の6つのセルフマッサージのシークエンスで、みなさんも全身に顕著な変化を体感できるでしょう。ロールモデル®セラピーボールのシークエンスは指導者の教えの幅を広げ、生徒によりわかりやすく解剖学を紹介する力強いツールとなります。このトレーニングはすべてのレベルの生徒・教育者・医療関係者に適しています。

The Roll Model® Methodの全体を学び、プラクティショナーの認定を受ける次のステップとして、モジュール2、“ボールシークエンスと革新性”の養成コースを前後に受講することをお勧めしています。受講料にはロールモデル®オリジナルセラピーボール、教則本、CD2枚、ビジュアルガイドが含まれます。

受講費:¥ 48,000 (養成当日の2週間前までに入金)   ¥ 53,000(それ以降)

P1110516 copy

ロールモデル®メソッドーボールシークエンスと革新性(M2)

このトレーニングでは6つの違ったサイズと素材のボールを革新的に使い、体の中で日常酷使されている部位や、仲々感じにくい部位に7つの技法を使って筋膜リリースを施す方法を覚えます。指導者やセラピストの方たちはボディマッピングによって骨格の目印、筋肉の位置、また筋膜のつながりのシステムなど、解剖学の理解を深め、 その理解に基づいた指導、デモンストレーションの技法を磨きます。一般受講者も、ご自分のからだの内部への理解を深めることで、より感覚を研ぎ澄まし、セルフケアが容易にできるようになるでしょう。このトレーニングはすべてのレベルの生徒・教育者・医療関係者に適しています。

The Roll Model® Methodの全体を学び、プラクティショナーの認定を受ける道を進むためには モジュール1、“筋膜リリースの科学”の養成コースを前後に受講することをお勧めします。

受講料にはロールモデル®の6つのボール、教則本が含まれます。

受講費:¥ 48,000 (養成当日の2週間前までに入金) ¥ 53,000(それ以降)

Advertisements

You and millions other divorce cases 何100万もの離婚騒動、コメディか、それともドラマ?

I updated my bilingual blog. ニューヨークライフ、バイリンガルのブログを更新しました。

yogawithkyoko

You and millions other divorce cases—Comedy or Tragedy?

Today my student asked me, ”where can I read your blog?” My blog-? oh no, I totally forgot about my blog! It’s been a year since I updated my blog. This whole year was so tumultuous, I completely forgot about writing my blog. It’s been two and a half years since my husband declared divorce in 2013 May. By the end of 2014, we were officially divorced. So much for all the pledges and vows we made 28 years ago, Our family relationship came to an abrupt and violent end.

“I want a divorce. I don’t love you anymore, “is what he said. I still remember his deadpan face. My proceeding life simply was hell. I didn’t believe time heals everything. I was a tragic heroine. I didn’t do anything wrong. I worked so hard for the family. Nobody in my family got divorced…

View original post 311 more words

You and millions other divorce cases 何100万もの離婚騒動、コメディか、それともドラマ?

 

You and millions other divorce cases—Comedy or Tragedy?

Today my student asked me, ”where can I read your blog?” My blog-? oh no, I totally forgot about my blog! It’s been a year since I updated my blog. This whole year was so tumultuous, I completely forgot about writing my blog. It’s been two and a half years since my husband declared divorce in 2013 May. By the end of 2014, we were officially divorced. So much for all the pledges and vows we made 28 years ago, Our family relationship came to an abrupt and violent end.

“I want a divorce. I don’t love you anymore, “is what he said. I still remember his deadpan face. My proceeding life simply was hell. I didn’t believe time heals everything. I was a tragic heroine. I didn’t do anything wrong. I worked so hard for the family. Nobody in my family got divorced. So why me? I kept going back and forth between all the internal chattering. My pride and sense of self worth went down to the bottom and beyond.

Then, a year later I met my boyfriend. He was like- a dream come true. I said, “Maybe this time I’ll be lucky. ” He devoted his life to me and gently wrapped his wings around my wounded heart.  He said he will be waiting for me until I’m totally ready. Immediately I said, sure, no problem! I’ll be right there… But it was not that easy.

I lived my life for my ex and my daughter, we were always together. And that impression and memory haunted me constantly. My ex’s image over-wrapped with my boyfriend and I often blamed my boyfriend senselessly. Sometimes I called him with my ex’s name. It was a mess. And he was always waiting for me. Gently and passionately, occasionally slightly annoyed. He had gone through a difficult divorce himself a few years prior, and he knew how I felt.

By the beginning of 2015, like the sunshine peering through the dark clouds after the hurricane, I began to feel more integrated. I felt so grateful to my boyfriend for staying close without giving up on me. Shadow of my ex’s image started to leave me. Instead of life with him, life without him became my norm. I felt more spacious inside which allowed me to welcome newly seeded love.

My boyfriend used to say, “the story of you and millions of others!” I used to feel annoyed and insulted hearing this. Because mine is a truly special story. But now I sigh and say to myself “after all, he was not all wrong”, as I turn on Netflix to watch another TV divorce comedy that I have been addicted to.

Lavender sky

 

何100万もの離婚騒動、コメディか、それともドラマ?

きょう生徒に“先生のブログはどこで読めますか?”と聞かれ、ハッとした。恥ずかしいことながら、この1年間ブログの執筆をおざなりにしていた。というか、完璧に忘れていた。そのくらい激動の1年間だったのだ。2013年 5月夫に突然離婚を言い渡されてから2年半。2014年の終わりには離婚があっさり成立した。28年前にあれだけみんなの前で誓いを立てた夫婦関係が 目の前でいともあっけなく、粉々に壊れた。

「離婚してほしい、もう愛していない。」夫の表情のない顔。

はじめの1年半は地獄のような毎日だった。時間がすべてを解決する、なんて思えなかったし、自分は悲劇のヒロインだ、とほぼ決めていた。自分は悪くないのに。一所懸命家族のために働いたのに。家族の中でも他に離婚した人はいないのに。

なぜ?と、頭の中で常に堂々巡り。自分のプライドも自己価値もドン底。

そんな最中に今の相方に出会った。夢のような、理想通りの人。今度こそ。この人は献身的に私に尽くしてくれ、私の傷口を優しく包み込み、君が僕を愛してくれるまでいつまでも待つから、と言ってくれた。私はといえば、そんなの、すぐにでもオッケー!と思ってた。けれども。そんなに事は簡単には進まない。

私は夫と娘と一緒に過ごした3人の生活の幻影に苛まれた。夫と今の彼の言動がダブり、それによって意味なく彼を非難したり、間違えて彼のことを夫の名前で呼んでみたり。とにかくボロボロだった中、彼は優しく、時には気を悪くしながらも待っていてくれた。数年前に自分自身も苦い離婚を経験した彼は、すべてを周知していたのだ。

2015年に入ると嵐のあとの夕焼けに照らされるように、霧はサーッと晴れ始めた。ずっとそばにいてくれる彼に限りない感謝の念が生まれ、何よりもいつでもどこでもつきまとった、夫の影が少しずつ薄くなっていった。つまり夫がいて当たり前、の生活からいなくて当たり前、の生活に自分が確実に移行しているのを感じた。影がなくなって新しい空間が生まれると、本当に彼を愛している、と言う気持ちも次第に強くなっていく。

かつて、きみの離婚は世の中の何100万もの他のケースと同じさ、と彼が言うたびに私は侮辱され、不愉快に感じたものだ。そんなことはない。私のは特別なんだ、と。でも、それもなまじっか間違いではなかったかもしれない。と心の底でつぶやきながら、きょうも私はこの頃ハマっている離婚騒動コメディを観るため、テレビをつける。

 

 

 

本場ニューヨークでヨガアライアンス養成/短期滞在型

年が明けたと思ったらもう2月。

皆さんの2015年の抱負は何ですかー?

あなたも思い切ってニューヨークで夢を叶えませんか?

ヨガの本場ニューヨークに滞在、日本語でTTCが受けられるのはニューヨークハタラジャヨガのみ。

2015年度の日程は7/15~8/10です。

IMG_9739

ニューヨークで25年以上の経験を持つベテラン日本人講師きょうこジャスパーによる、 ユニークな指導者養成コース。 ヨガの叡智をあらゆる側面から学び、「一生の財産」として活かすべくカリキュラム。少人数制で、一流のヨガ指導者を育成するための200時間です。”自己改革”にフォーカスをし 、大量生産にありがちな没個性の指導者育成ではなく、個々の人間に見合ったヨガのライフスタイルと練習方法、身体と心の調整方法、指導法を現代ヨガの最高峰であるN.Yメゾットを使ってお伝えしていきます。研修は全て日本語で行いますので、通訳を介すことによる時間やコミュニケーションのロスがなく、じっくりと学べる環境です。また、少人数制のメリットとして、ディレクターがみずからひとりひとりの受講生と直接向き合いますので、解らないまま先に進んでしまい、再度他のTTを受け直すなどの無駄がありません。過去にTTを受けたけれど、まだ解剖学や哲学の理解が浅い、教えだす自信のない方にもお勧めです。ヨガに深い情熱を持ち、生きる道として取り入れていきたい方、人生を改革し、しっかりと地に足をつけた生き方をしたい、と願う方、ヨガを真剣に捉えている方のみを募集しています。コースの終了後には、自己の可能性を開花し、真の「自信」への道が開かれることでしょう。

資料請求とお問い合わせ:info@urbanxperience.com

Get up and shake your booty -QL  椅子の生活から来る腰痛

Have you ever had pain on the side of your lower back after a long day of driving or working at your desk? Well then, most likely your Quadratus Lumborum on that side is screaming at you. The Quadratus Lumborum, aka QL, is a long, wide, flat, trapezoidal muscle closely resembling a flank steak. It originates from the bottom of the 12th rib and lumbar verdabrae, L1~L4. It inserts on top of the iliac crest (hip bone), exists on both sides of the body, and connects the pelvis to the spine. It is the deepest abdominal muscle and is close to the Psoas and Erector spinae. Both sides of the QL work together to extend your spine, and one side works independently to laterally flex the spine. Very powerful muscle indeed! We hear a lot that the dysfunction of the QL is a common cause of lower back pain. Why?

 

When I was growing up in Japan, there were really no chairs in my house. The floors were covered with Tatami mattresses, which are made of weaved straw. Tatami is soft on the surface and provides a very solid and stable structure. We used to sit on Tatami to eat, study, and play. Whenever we visited the Buddhist Temple, we would sit on our feet – Seiza style – on Tatami, sitting with our spines erect for a long time as our feet would fall asleep. We would squat to use the bathroom.

 

I still remember when I was 10 or 11, our life styles dramatically changed. Suddenly, there appeared couches, tables, and chairs in my house. The bathroom miraculously turned into a comfortable western style toilet with a toilet seat. We said “Sayonara!” to Tatami and said “Hello!” to the wooden floor…It was wonderful. We embraced the changes with such joy! After all, at that time, I thought it was so much more comfortable to sit on a chair.

 

After 40 years of life with chairs, only recently, I started to give up my couches and chairs to go back to my old lifestyle. I realized that my back feels so much better.

 

Sitting on a couch, chair, or car seat for long hours will conform our backs to a C-shaped curve, (kyphosis) instead of its most healthy state (lordosis) …. the S- shaped curve. The C-Curve pasture will contract our QL and erector spinae into slack, which results in muscle fatigue. The muscle will then experience decreased blood flow, and in time, adhesions in the muscle and fascia can form….. Eventually, this will result in painful muscle spasms, bulged discs, or even disc herniation.

 Spine and QL

Scary thought…but there are solutions, such as, lengthening the spine, laterally extending the spine with yoga poses like, Adho Mukha Svanasana and Parighasana. But when mere stretching doesn’t do our muscles justice, we need to consider waking them up by approaching the practice differently. Yoga Tune Up ® Pose Boomerang will teach us just that.

 

Stand in Tadasana (Mountain Pose) besides a wall so your shoulders and hips are perpendicular to the wall. Your inside hand is on the wall with your elbow bent, and your other hand is touching the wall. Reach the outside arm overhead and touch the wall with your hand, so both hands and shoulders are internally rotated.  The spine is extended on the outside, flexed on the inside. You will feel an intense stretch on the outside of the body and the QL. Now, attempt to pull the top hand up the wall as if you are trying to peel the paint off. Because the hand is pinned to the wall, it will not actually move, but try. As you try to move your hands apart, the QL will contract. Keep applying the pressure while breathing deeply about 5 breaths.

 Boomerang Sidebend with PNF

This action will create PNF – Proprioceptive Neuromuscular Facilitation- to increase your range of motion and strengthen the QL muscle that is stretched and contracted.

Here is also a video footage for you so you can practice with me.  

The best part of this pose is that you don’t need much space – Just a little wall space will do – so why not spend 10 minutes in between work or that long drive to get up and shake your booty?

 

I assure you, with regular practice, your back will feel so much better – Good luck!

 

 

  

デスクに長時間座ったあと、またはドライブをしたあとに腰の横側が痛くなったりしたことはありませんか?もしかしたら腰方形筋の問題かもしれません。腰方形筋はQLというニックネームの 平らで幅広、長い台形のステーキのような形をした筋肉です。肋骨の12番と腰椎の1~4番から腸骨の頭までを繋げています。身体の両側にあり、骨盤と背骨を結びつけているんです。お腹の深部の筋肉で、腸腰筋と脊椎起立筋のとなりにあって、両側が共に働くと背骨を伸展、片側が働くと背骨を片方に側屈させてくれます。とてもパワフルな筋肉ですね。

腰方形筋の機能不全が腰痛に結びつくことはよく知られた事実です。

 

私が子供の頃は、日本の家屋には椅子などというものはありませんでした。わが家はほぼ全て畳敷きで、表面はやわらかくても、どっしりとした基盤を与えてくれたものです。いつも畳に座り込んで食事をしたり、宿題をしたり遊んだり。修学旅行でお寺に行くと畳に正座で長時間背筋を伸ばして座らせられました。お坊さんのお話やお経を聞いたあとに足がしびれて立ち上げれなくなったものです。その当時はトイレももちろん、しゃがんで使う和式でした。

 

私が10歳か11歳くらいの頃に急激な生活様式の変化が起こり始めました。突然家にソファが、そしてテーブルと椅子が登場しました。まるで魔法のように、トイレは洋式に変わって行きました。畳もどんどん減って行き、板の間の部屋に取って代わりました。 椅子に座る方が遥かに楽だし、当時は洋風の生活がとても安楽で素敵なものに感じられたものです。

 

ニューヨークに移住後30年、通算40年間椅子の生活を続けました。でも最近になって異変が起きたんです。ソファからなるべく離れ、床に座る生活を始めてみたところ、腰もすこぶる調子が良く、腰痛を感じることも少なくなりました。

 

ソファや椅子、カーシートに長時間座る生活をしていると尾骨がたくし込まれ、背骨はだんだんと健康なS型からC型のカーブに変形していきます。C型カーブの姿勢は腰方形筋と脊柱起立筋を収縮、たるませ、筋肉を疲労させるのです。すると筋肉の血流が滞り、筋筋膜がどんどん滞って行きます。そしてぎっくり腰になったり、やがては椎間板ヘルニアになってしまったりするのです。

 

QL and Spine Japanese 

恐ろしいことですね。でも解決策があります。背骨を引き伸したり側屈をするーヨガの犬のポーズや門のポーズをすることで腰はかなり弛みます。でもストレッチをするだけでは実は充分ではなく、筋肉を覚醒させることも大切なのです。今回はヨガチューナップ®のポーズ、ブーメランで筋肉をストレッチしながら覚醒させる方法をご紹介しましょう。

 

 

タダサナ(山のポーズ)で肩と骨盤が壁と垂直になるように立ってください。壁側の肘を曲げ、掌で軽く壁に触れます。外側の腕を大きく頭の上から伸ばし、その手で壁を触れます。両方の指先が内側を向いています。背骨は外側が伸びて、内側が収縮しています。身体の外側と腰方形筋に強いストレッチを感じるはずです。さあ、今度は上の手の平を上に引っ張り上げてみてください。掌は壁に強く密着しているので実際には動きませんが、この掌のアクションを感じてみます。深く5呼吸しながら、手を引っ張り続けてみてください。

 Boomerang Japanese Original

このアクションで何が起こっているのでしょう? 腰方形筋を引き伸してリラックスしたあとに収縮することでPNF(固有受容性神経筋促進法)効果で可動性が拡がる、という現象を引き起こしてくれるのです。ご興味があればPNFについてもう少し調べてみてください。リハビリやスポーツ療法では盛んに使われているテクニックです。

ここで動画も観れますので、 一緒に練習してみましょう。

このポーズのいいところは場所をとらないこと。小さい壁のスペースがあれば充分です。デスクや車のシートに長時間座った後は、立ち上がって身体を引き伸して、是非ついでに音楽をかけてダンスでも踊ってみてくださいね。

 

これを習慣化し、普段からS字カーブの姿勢を意識してみてくださいね。腰の調子もどんどん良くなるはずです。

The Script of my life〜人生の台本

Next year will count my 30th anniversary of living in New York. That is more than half of my life, so I can safely call myself a New Yorker now. Technically, once you have lived in New York for 10 years you are officially a New Yorker. But after all these years, I hesitate to call myself with that honorable title. Part of me is New Yorker-like, yet part of me is deeply rooted in my Japanese heritage, and part of me strongly resists of being identified as any particular type of race or culture. I prefer to call myself an Earthling.

 

 I have lived most of my life in New York City with a man – my husband. The life with him was pretty much all I knew. I was a young girl from Japan who knew very little about how things worked. Everything my husband taught me became my reality. Though I began traveling and met people all over the world through my career, still the world with him remained the core of my existence.

 

 We stayed together for 27 years and had a daughter together. We faced numerous obstacles each day as a couple. Some of which we overcame together, and some of which never been addressed and resolved. Even still, I don’t think I really imagined a life without him. The time we spent together, his influence over me was far greater than my own family. He was my best friend. And more importantly, he was a big part of the script I had been writing. In my life, I always wrote a script in my mind as to how my life should be, and pretty much lived the way I wrote in my play.

 

 The union with my husband ended last year…. It was quite dramatic and unexpected. Who would have thought you can go through a major identity crisis after age 50? Breaking loose so abruptly from the universally recognized system called MARRIAGE? After our separation a year and half ago in May of 2013, I spent most of my life self-loathing and blaming others. I was crippled with a sense of failing…. I literally fell apart. I was making myself sick.

 

 “I never completed the script I have been writing for 27 years.”

 

P1180741 copy 


来年で私は渡米30年となる。つまり半生以上をニューヨークで過ごした事になり、正式にニューヨーカーという呼び名に値する。正確にはニューヨークで10年以上暮らすとニューヨーカーとみなされるそうで、生まれ育って初めて江戸っ子となれる日本人と違って、外国人でもなれるのがニューヨーカー。でも私は自分をニューヨーカーと呼ぶのにはいささか抵抗がある。自分はニューヨーカーらしい部分もある反面、根っこの部分はかなり日本人だったりするし、でも基本、何処かの国のどの民族の、という言い方よりはEarthling-地球人といういう呼ばれ方が一番しっくりくる。

 

私がニューヨークで暮らしてきた日々はほとんど、夫との生活だった。彼との暮らしが私の知っているアメリカであり、ニューヨークそのものだった。私は若い日本の女の子で、アメリカの暮らし、風習や決まりごとについてほとんど何も知らなかったし、なので夫に教えられたすべてが自分の現実となった。やがて自分の仕事に伴って世界を巡り、世界中の人々と出会う機会に恵まれたが、自分のコアの部分は夫との人生そのものであった。

 

私たちは27年間生活を共にし、娘を設けた。夫婦として様々な障害にも立ち向かっていった。一緒に手を取り合って解決したこともあれば、見ないふりをして、おざなりにしてきた問題もあった。それでも、夫のいない生活は考えられなかった。いつも時間を共有し、彼からの影響は自分の家族よりも多大だった。私たちは何でも話し合える親友だったし、何よりも彼は私の執筆している台本の重要な役者だったのだ。私は今までいつも自分の人生の台本を書き続け、自分の作り上げる台本、その芝居通りの人生を生きて来たのだ。

 

夫と一緒の生活は去年、終焉を遂げた。劇的で、予測のつかない出来事だった。50歳を過ぎて、自分の存在やアイデンティティを揺るがされるようなことになるなんて、誰が予測できただろう?世界的に認められている“結婚”というしきたりからいきなり自分がはじきだされることになるなんて。

1年半前、20013年の5月に夫と別居生活を始めてから、私の苦悶に溢れた生活が始まった。自分をさげずみ、ひとを非難し、“失敗した”という思いに激しく苛まれる毎日が始まった。

 

身も心も消耗しきり、やがて私は体調にも支障をきたし始めるようになったのだ。

そこにあるのは、

“27年間書き続けて来た台本を完成させる事が出来なかった” やるせなさ。

 

 

 

With daily yoga practice, everything about life starts to make sense.