Women’s true happiness 女性の本当の幸せって

Today would have been my Mom’s 83rd birthday. She left her body rather suddenly on August 2014. When I received the e-mail from my sister I was in New York City in the middle of teaching my Yoga Teacher Training course. I remember being completely dumbstruck to learn the news and couldn’t even feel the loss until the end of the day.

  

My mother was someone who didn’t know how to show love. I had a rough time growing up with her constant criticism and abuse towards me. I began to lie to her just to stay out of trouble. Then I wanted to stay furthest away from her. I left home at an early age. Then eventually moved away from the country I grow up in.

 

She never talked much about herself –She grew up during the 2nd World war. She was badly burnt on her hands from the bombings and she always wore gloves in public. She thought she may not be able to marry because of it. But she eventually met my dad and they got married.

 

 When I see her picture when she was younger, she has this bright smile like a thousand Suns. She must have been on top of the world- She was married to a successful business man- had two healthy daughters- She had nothing to worry about. But ….. My mom was not happy. She was always angry. I think she was chronically depressed.

 

 Once upon a time women were told our happiness depends on who we marry.  We fall in love and get married, then that is the end of the fairy tale. Nobody ever told us there is more to the story after the happy ending. If my mother and thousands of other women left everything behind to become a wife, that is because nobody ever told them not to give up themselves- their aspiration- and their own lives. For thousands of years, women did this. And many still continue to live this way. Maybe some women in some cultures don’t have the privilege to choose….. All I can say is that I am so lucky to have a choice. I am so lucky to live the way I want, pursuing my dreams and to be on the path of self discovery.

 

 Happy birthday Mama, Thank you for giving me life. ….. and continuing to inspire me to have self-awareness …… It is the most amazing gift I have ever gotten in life. And I do know you loved me even if you didn’t always know how to show it.

 

 

P1030879 

 

 

 きょうは亡き母が未だ生きていたら83歳の誕生日。母は2014 年の8月に突然この世を離れて行った。姉からメールでニュースが届いたとき、私はニューヨークでヨガの指導者養成コースを教えていた。急な訃報に驚き、その日の終わりまで悲しみも感じることが出来なかったのを覚えている。

 

母は愛情を見せるのが苦手なひとだった。やることなすこと批判され、折檻を受けた私はとても厳しい子供時代を過ごした。あまりにも口うるさく言われるのがいやで、私はそのうちに嘘をついてでも文句を言われる状況を避けるようになった。彼女から少しでも離れたい、と思った。未だ若いうちに家を出て、やがて自分の生まれ育った国を捨てて外国に暮らす身になったのである。

 

母はあまり自分の事を話さなかった。第二次大戦の最中に育ったので、空襲で両手に大やけどをしていた。なのでいつも人前では手袋をしていたっけ。その為に一生お嫁に行けないかも、と思ったそうだ。でもやがて父と出逢い、ふたりは結婚した。

 

母が若かった頃の写真を見ると、太陽のように眩しい笑顔だーまるで世界の頂上に立ってるかのような。出世株の父と結婚し、ふたりの健康な娘に恵まれ、経済的にも何の心配もないーでも母は幸せでなかった。いつも怒ってばかりいた。そして今思うとずっとウツだったのかもしれない。と思う。

 

昔々、私たち女性は結婚によって幸せが決まる、と教えられた。恋に陥って結婚し、それでおとぎ話は終わり。ハッピーエンディングの後にも話が続くなんて、誰も教えてくれなかった。もし母や他の女性たちが妻となるために全てを捨ててきたとしたら、それは誰も彼らに教えなかったからだ。決して自分の夢や自分の人生を諦めるな、とー。女性は何千年も昔からこうして生きてきたし、これからもそんな風に生き続ける女性もたくさんいるだろう。文化的に女性に選択の余地がない場合だってある。私に唯一言えるのは、自分に選択権がある、というその喜び。自分の選んだ生き方をし、夢を追い、自分探求の道を歩む事が出来る、その喜びだ。

 

きょうは亡き母の誕生日。ガーベラの花束を飾って、マントラを唱える。ママ、命をくれてありがとう。ママのおかげで、毎日内面の気づきがあるよ。これこそが何よりも素晴らしい贈り物。あとね。ママは愛情表現が苦手だったけど私の事ちゃんと愛してくれてたって、私知ってる。

 

 

電車の中で copy

 

Shiva, the Destroyer ~ シヴァ、破壊の神

Shiva, the lord of Yoga is known as a “destroyer”.

 

Destruction sounds bad. But we know sometimes it is necessary to destroy, change, or end things. Especially when you know that the situation you are in is not serving you. But way too often, we don’t know what is truly good for us…. Because we become too numb to feel things.  Particularly if you have been living a lukewarm life without too many challenges.

 The Lord Shiva destroys “ignorance”. Ignorance can be translated into many different things.

 How about habits?

 Humans are a creature of habits. We find such comfort staying in one place. We want to sit at the same desk or the same park bench. We want to celebrate holidays the same way.….. year after year.

I’ve seen it happen to people. So many people have trouble moving on even when they know their jobs are not working out for them, or they may be in a wrong industry all together and complain that they have not been able to realize their full potential. Nowadays with the rapid change of technology, we need to look at our situations often and consider making some changes.

 

I understand cockroaches are one of these very advanced creatures that are able to morph into another being. They modify their cell structure to survive against their biggest predator- Bug spray. You may be able to kill a roach with a particular kind of bug spray today, but the same spray may not kill them next week. I am not a big fan of cockroach, but have always wanted to live my life that way.

 

First, “recognize the need to change”- this could a tough one.

 

Then, “having the courage to change”- this is nearly impossible for a lot of us.

 

As a Yogi, we know anything is possible with practice. But while the practice takes years of discipline, only thing we need may be one powerful life changing occurrence which totally awakens us.

 

DSC_1601 copy 

Photography by Ritsu Takada All right reserved©

ヨガの神と言われるシヴァは、破壊の神です。

「破壊」というとなんだか聞こえは悪いですが 時にはものごとを壊し、変え、終わらせる事も必要です。特にその状況が自分にとって良くない、ということがわかったときには。でも本当に自分にとって何が良いのかわからなくなってしまのが人の常。特に生温い暮らしに慣れてしまい、チャレンジもあまりないとね。

 

シヴァの神は「無知」を非難し、破壊します。「無知」という言葉は色々な捉え方が出来ます。

 

例えば、私たちの習慣について考えてみましょう。

人間は習慣の動物。ひとところにとどまっているのが大好きです。いつも同じデスクや公園のベンチに座り、毎年同じようにホリディを過ごす・・・そんな風に生きる人々を私もたくさん見てきました。たとえ仕事がうまくいっていなくても、何かを変えようとしない。下手すると実力を発揮出来ない間違った仕事、産業に何年も留まっっている。テクノロジーの変化によってめまぐるしく環境が変わって行く昨今では、それでなくとも自分の状況を常にチェック、少しずつ変更を加えてていかなければなりません。

 

ゴキブリは自分を容易に進化させることのできる、とても高度な生き物だそうです。最強の天敵(虫除けスプレー)に対抗する為に細胞の構造を変え続け、力強く生存を続けます。きょうスプレーでゴキブリを殺せても、来週は同じスプレーが効かなくなるかもしれません。私はゴキブリは好きでないけれど、彼らの生存能力にはずっと畏敬を感じていました。

 

まず、「自分が変化する必要がある」ということを認識する。

 

次に「変わる事の出来る勇気を持つ」・・・・ 不可能に感じるかもしれません。

 

ヨガを練習していると、たゆみない練習によってあらゆることが可能であることがわかってきます。その練習は何10年もかかるかもしれないのです。しかし、私たちに必要なのはひょっとしたら、一瞬にして私たちを目覚めさせ 生き方をかえてしまうような、力強いひとつの出来事なのかもしれません。

 

Two Wolves2匹のオオカミ

As the autumn arrives, our surroundings and everything about us begin to contract. This subtle energy shift we experience is called “Spanda” in Sanskrit. Though it is a necessary part of our lives, you may experience some uncomfortable emotional stirring. Old wounds and sense of resentment may suddenly take us over and sweep us way. As the long winter approaches,  what can we do to keep our hearts open?  Here is a very simply Indian tale my friend Bill shared with me.

An old Cherokee told his grandson, “My son, there is a battle between two wolves inside all of us. One is evil. It is anger, jealous, greed, resentment, inferiority, lies and ego. The other is good. It is joy, peace, love, hope, humility, kindness, empathy and truth.”
The boy thought about it and asked, “Grandpa, which wolf will win?”
The old man quietly replied, “The one you feed.”

~Thank you Bill for sharing this wonderful story.

It truly nourished my heart.~

秋の到来によって、私たちのまわりの環境全て、そして私たちもが収縮を始めます。このような微細なエネルギーのシフトはサンスクリット語で”スパンダ”と呼ばれています。このようなシフトは生きて行く上で必要なこととはいえ、時にとても嫌な気分を味わうこともあります。過去に負った傷や怒りの感情に突然襲われ、勢い良く流されそうになるかもしれません。これからの長い冬の到来に向け、どのように閉じそうになる心を開いて行ったら良いのでしょうか? ここに友人のビルがシェアしてくれた、とてもシンプルなインディアンのお話をご紹介します。

年老いたチェロキー族の老人が孫息子にこう言った。「息子よ、我々の心の中ではいつも2匹のオオカミが戦っている。1匹はとても残忍だ。怒り、嫉妬、欲、憎しみ、劣等感、嘘とエゴに満ちている。もう1匹は善良なオオカミだ。喜びと平和、愛、希望、謙遜心、親切心、慈しみと真実そのものなのだ。」
少年は少し考えてから問い返した。「おじいちゃん、それじゃあ、どっちのオオカミが勝つんだろう?」
老人は答えた。「お前が餌をやった方だよ。」

~ビル、この物語をシェアしてくれてありがとう。

おかげで心がホカホカになった。~

two-wolves

With daily yoga practice, everything about life starts to make sense.