Tag Archives: ネガティブな感情

The Script of my life〜人生の台本

Next year will count my 30th anniversary of living in New York. That is more than half of my life, so I can safely call myself a New Yorker now. Technically, once you have lived in New York for 10 years you are officially a New Yorker. But after all these years, I hesitate to call myself with that honorable title. Part of me is New Yorker-like, yet part of me is deeply rooted in my Japanese heritage, and part of me strongly resists of being identified as any particular type of race or culture. I prefer to call myself an Earthling.

 

 I have lived most of my life in New York City with a man – my husband. The life with him was pretty much all I knew. I was a young girl from Japan who knew very little about how things worked. Everything my husband taught me became my reality. Though I began traveling and met people all over the world through my career, still the world with him remained the core of my existence.

 

 We stayed together for 27 years and had a daughter together. We faced numerous obstacles each day as a couple. Some of which we overcame together, and some of which never been addressed and resolved. Even still, I don’t think I really imagined a life without him. The time we spent together, his influence over me was far greater than my own family. He was my best friend. And more importantly, he was a big part of the script I had been writing. In my life, I always wrote a script in my mind as to how my life should be, and pretty much lived the way I wrote in my play.

 

 The union with my husband ended last year…. It was quite dramatic and unexpected. Who would have thought you can go through a major identity crisis after age 50? Breaking loose so abruptly from the universally recognized system called MARRIAGE? After our separation a year and half ago in May of 2013, I spent most of my life self-loathing and blaming others. I was crippled with a sense of failing…. I literally fell apart. I was making myself sick.

 

 “I never completed the script I have been writing for 27 years.”

 

P1180741 copy 


来年で私は渡米30年となる。つまり半生以上をニューヨークで過ごした事になり、正式にニューヨーカーという呼び名に値する。正確にはニューヨークで10年以上暮らすとニューヨーカーとみなされるそうで、生まれ育って初めて江戸っ子となれる日本人と違って、外国人でもなれるのがニューヨーカー。でも私は自分をニューヨーカーと呼ぶのにはいささか抵抗がある。自分はニューヨーカーらしい部分もある反面、根っこの部分はかなり日本人だったりするし、でも基本、何処かの国のどの民族の、という言い方よりはEarthling-地球人といういう呼ばれ方が一番しっくりくる。

 

私がニューヨークで暮らしてきた日々はほとんど、夫との生活だった。彼との暮らしが私の知っているアメリカであり、ニューヨークそのものだった。私は若い日本の女の子で、アメリカの暮らし、風習や決まりごとについてほとんど何も知らなかったし、なので夫に教えられたすべてが自分の現実となった。やがて自分の仕事に伴って世界を巡り、世界中の人々と出会う機会に恵まれたが、自分のコアの部分は夫との人生そのものであった。

 

私たちは27年間生活を共にし、娘を設けた。夫婦として様々な障害にも立ち向かっていった。一緒に手を取り合って解決したこともあれば、見ないふりをして、おざなりにしてきた問題もあった。それでも、夫のいない生活は考えられなかった。いつも時間を共有し、彼からの影響は自分の家族よりも多大だった。私たちは何でも話し合える親友だったし、何よりも彼は私の執筆している台本の重要な役者だったのだ。私は今までいつも自分の人生の台本を書き続け、自分の作り上げる台本、その芝居通りの人生を生きて来たのだ。

 

夫と一緒の生活は去年、終焉を遂げた。劇的で、予測のつかない出来事だった。50歳を過ぎて、自分の存在やアイデンティティを揺るがされるようなことになるなんて、誰が予測できただろう?世界的に認められている“結婚”というしきたりからいきなり自分がはじきだされることになるなんて。

1年半前、20013年の5月に夫と別居生活を始めてから、私の苦悶に溢れた生活が始まった。自分をさげずみ、ひとを非難し、“失敗した”という思いに激しく苛まれる毎日が始まった。

 

身も心も消耗しきり、やがて私は体調にも支障をきたし始めるようになったのだ。

そこにあるのは、

“27年間書き続けて来た台本を完成させる事が出来なかった” やるせなさ。

 

 

 

Two Wolves2匹のオオカミ

As the autumn arrives, our surroundings and everything about us begin to contract. This subtle energy shift we experience is called “Spanda” in Sanskrit. Though it is a necessary part of our lives, you may experience some uncomfortable emotional stirring. Old wounds and sense of resentment may suddenly take us over and sweep us way. As the long winter approaches,  what can we do to keep our hearts open?  Here is a very simply Indian tale my friend Bill shared with me.

An old Cherokee told his grandson, “My son, there is a battle between two wolves inside all of us. One is evil. It is anger, jealous, greed, resentment, inferiority, lies and ego. The other is good. It is joy, peace, love, hope, humility, kindness, empathy and truth.”
The boy thought about it and asked, “Grandpa, which wolf will win?”
The old man quietly replied, “The one you feed.”

~Thank you Bill for sharing this wonderful story.

It truly nourished my heart.~

秋の到来によって、私たちのまわりの環境全て、そして私たちもが収縮を始めます。このような微細なエネルギーのシフトはサンスクリット語で”スパンダ”と呼ばれています。このようなシフトは生きて行く上で必要なこととはいえ、時にとても嫌な気分を味わうこともあります。過去に負った傷や怒りの感情に突然襲われ、勢い良く流されそうになるかもしれません。これからの長い冬の到来に向け、どのように閉じそうになる心を開いて行ったら良いのでしょうか? ここに友人のビルがシェアしてくれた、とてもシンプルなインディアンのお話をご紹介します。

年老いたチェロキー族の老人が孫息子にこう言った。「息子よ、我々の心の中ではいつも2匹のオオカミが戦っている。1匹はとても残忍だ。怒り、嫉妬、欲、憎しみ、劣等感、嘘とエゴに満ちている。もう1匹は善良なオオカミだ。喜びと平和、愛、希望、謙遜心、親切心、慈しみと真実そのものなのだ。」
少年は少し考えてから問い返した。「おじいちゃん、それじゃあ、どっちのオオカミが勝つんだろう?」
老人は答えた。「お前が餌をやった方だよ。」

~ビル、この物語をシェアしてくれてありがとう。

おかげで心がホカホカになった。~

two-wolves