Tag Archives: ヨガと生き方

There is nothing you cannot do〜できないことなんて何もない

Last Sunday,  we had the good fortune of taking a yoga class with Ms. Tao Porchon- Lynch, world’s oldest yoga teacher. She is a 97-year-old yoga teacher and as she put it, an eternal student herself. I had heard about her a while ago , but quite honestly, I did not expect her class to be anything more than a bunch of relaxing seated poses.  Bill and I felt we needed to go to her class  because we desperately needed some inspiration. Facing our parents and relatives constant passing, aging or deteriorating is making us realize our own mortality. Aging is about preparing for our last moment and we don’t have a choice in that matter. I have seen both of my parents struggle before they passed in recent years. I am hoping our spiritual practice would support us in a course, but still, we cannot really choose what will happen to our body and mind. But, is that true?

IMG_2193

When we walked into Tao’s class today, and went up to say hello to her, immediately we forgot about her age and were drawn into her vibrant and welcoming energy. She began her class with a beautiful double Lotus which I struggled even to think about getting into. Let me tell you, her class was not an easy class….  We did Visvamitrasana, we did handstand, and Sirsasana… We did not even sit down. It was a hard core class with many challenging elements as well as some beautifully creative twist. I really appreciated the influence from Iyengar yoga, Ashtanga yoga, and the energy and dance elements in her class. ( That is pretty much what I’ve studied all my life as well). She is from Pondicherry India, and is half Indian and half French. She had 3 hip replacements and that did not stop her from competing in a dance competition with her dance partner who is 70 years her junior. She lives alone and does everything herself. Throughout her class she urged us to keep moving, never to stop… After the class, she put on her high heels and demonstrated a dance move playfully. As she drove away in her little smart car, we just stood there in awe…Well, ladies and gentleman, I am now convinced that we do have a choice in the matter. Whether to keep moving or stop moving. Whether to keep spreading the light or to stop and rot… It is all up to you.

IMG_2162

日曜日にBill2人でタオ=ポーション=リンチ先生のヨガクラスを受けに行ってきました。彼女はなんと97歳。世界で1番年配のヨガの先生です。彼女の噂は前から聞いていましたが、なかなかクラスを受けるチャンスがありませんでした。正直言っておばあさまのクラスだし、座位ばっかりのリラックスクラスかなと思っていました。でも私もビルも、ちょっとしたインスピレーションが必要だったので、1時間ドライブをして彼女のクラスに行くことにしました。というのも、この頃両親や親戚がなくなったりとか耄碌してきたりとか、確実に次は私たちの番ということを思い知らさせられる出来事が多すぎて。加齢と言う避けられない事実に関して深刻に考えることも多くなりました。歳をとる、という事は確実に死ぬ準備をすると言うこと。そしてその人生最後のフィナーレに際して私たちには選択肢はありません。私は自分の両親が苦しむ姿も見てきました。自分はスピリチュアルな修行をしているし、死へのプロセスはオーガニックなものであって欲しい。でも実際には体も心もどうなっていくのか、知る由もない。さて、でも本当にそうなんでしょうか?

13078146_10153408279326949_1572979039_o

タオ先生のクラスルームに入っていくと彼女は満面の笑顔で温かく私たちを迎え入れてくれました。そこで彼女のまばゆいばかりのエネルギーに触れ、私たちはすぐに彼女の歳のことなど忘れてしまいました。そしてリラックスクラスだとばかり思い込んでいたクラスはタオ先生の完璧なパドマサナから始まったのです。パドマサナとは、両方の足を深く組む蓮華座のことで、私でも難しいポーズです。クラスは驚くぐらいバラエティーに富んだ新鮮なクラスでした。ヴィスバミトラサナ、ハンドスタンド、シュルサーサナ。アドバンスなポーズ、困難なバランスポーズもたくさん。1時間半のクラスは、座ることなんか1度もなく、クリエイティブでエキゾチックなダンスの要素に溢れていました。また、アイアンガーヨガ、アシュタンガヨガ、エネルギー学、ダンスの影響も私にとってはとてもありがたかった。自分もずっと勉強してきたことだからです。彼女はインドのポンディチェリー出身でインド人とフランス人の混血。股関節すぎかえの手術を3回も受けていて、それでも負けずに70歳も年下のパートナーとダンスの協議会に出演。ひとり暮らしで自分の事は全部自分でやってます。クラスの間中、彼女は私たちに動き続けなさい、止まってはいけないわよ、と声をかけ続けました。クラスが終わると彼女はハイヒールを履いておちゃめに私たちにダンスの動きを披露してくれました。そして小さなスマートカーに乗り込み、さっそうと呆然として見送る私たちの目の前を、すごいスピードで去っていきました。

きょうタオ先生に会って確信できたことがあります。私たちには選択肢があるのです。いつまでも動き続けるか立ち止まるか。光とインスピレーションをまき続けるか、静止してそこで腐っていくか、どちらか選ぶのは私たちなのです。

IMG_2206

You and millions other divorce cases 何100万もの離婚騒動、コメディか、それともドラマ?

 

You and millions other divorce cases—Comedy or Tragedy?

Today my student asked me, ”where can I read your blog?” My blog-? oh no, I totally forgot about my blog! It’s been a year since I updated my blog. This whole year was so tumultuous, I completely forgot about writing my blog. It’s been two and a half years since my husband declared divorce in 2013 May. By the end of 2014, we were officially divorced. So much for all the pledges and vows we made 28 years ago, Our family relationship came to an abrupt and violent end.

“I want a divorce. I don’t love you anymore, “is what he said. I still remember his deadpan face. My proceeding life simply was hell. I didn’t believe time heals everything. I was a tragic heroine. I didn’t do anything wrong. I worked so hard for the family. Nobody in my family got divorced. So why me? I kept going back and forth between all the internal chattering. My pride and sense of self worth went down to the bottom and beyond.

Then, a year later I met my boyfriend. He was like- a dream come true. I said, “Maybe this time I’ll be lucky. ” He devoted his life to me and gently wrapped his wings around my wounded heart.  He said he will be waiting for me until I’m totally ready. Immediately I said, sure, no problem! I’ll be right there… But it was not that easy.

I lived my life for my ex and my daughter, we were always together. And that impression and memory haunted me constantly. My ex’s image over-wrapped with my boyfriend and I often blamed my boyfriend senselessly. Sometimes I called him with my ex’s name. It was a mess. And he was always waiting for me. Gently and passionately, occasionally slightly annoyed. He had gone through a difficult divorce himself a few years prior, and he knew how I felt.

By the beginning of 2015, like the sunshine peering through the dark clouds after the hurricane, I began to feel more integrated. I felt so grateful to my boyfriend for staying close without giving up on me. Shadow of my ex’s image started to leave me. Instead of life with him, life without him became my norm. I felt more spacious inside which allowed me to welcome newly seeded love.

My boyfriend used to say, “the story of you and millions of others!” I used to feel annoyed and insulted hearing this. Because mine is a truly special story. But now I sigh and say to myself “after all, he was not all wrong”, as I turn on Netflix to watch another TV divorce comedy that I have been addicted to.

Lavender sky

 

何100万もの離婚騒動、コメディか、それともドラマ?

きょう生徒に“先生のブログはどこで読めますか?”と聞かれ、ハッとした。恥ずかしいことながら、この1年間ブログの執筆をおざなりにしていた。というか、完璧に忘れていた。そのくらい激動の1年間だったのだ。2013年 5月夫に突然離婚を言い渡されてから2年半。2014年の終わりには離婚があっさり成立した。28年前にあれだけみんなの前で誓いを立てた夫婦関係が 目の前でいともあっけなく、粉々に壊れた。

「離婚してほしい、もう愛していない。」夫の表情のない顔。

はじめの1年半は地獄のような毎日だった。時間がすべてを解決する、なんて思えなかったし、自分は悲劇のヒロインだ、とほぼ決めていた。自分は悪くないのに。一所懸命家族のために働いたのに。家族の中でも他に離婚した人はいないのに。

なぜ?と、頭の中で常に堂々巡り。自分のプライドも自己価値もドン底。

そんな最中に今の相方に出会った。夢のような、理想通りの人。今度こそ。この人は献身的に私に尽くしてくれ、私の傷口を優しく包み込み、君が僕を愛してくれるまでいつまでも待つから、と言ってくれた。私はといえば、そんなの、すぐにでもオッケー!と思ってた。けれども。そんなに事は簡単には進まない。

私は夫と娘と一緒に過ごした3人の生活の幻影に苛まれた。夫と今の彼の言動がダブり、それによって意味なく彼を非難したり、間違えて彼のことを夫の名前で呼んでみたり。とにかくボロボロだった中、彼は優しく、時には気を悪くしながらも待っていてくれた。数年前に自分自身も苦い離婚を経験した彼は、すべてを周知していたのだ。

2015年に入ると嵐のあとの夕焼けに照らされるように、霧はサーッと晴れ始めた。ずっとそばにいてくれる彼に限りない感謝の念が生まれ、何よりもいつでもどこでもつきまとった、夫の影が少しずつ薄くなっていった。つまり夫がいて当たり前、の生活からいなくて当たり前、の生活に自分が確実に移行しているのを感じた。影がなくなって新しい空間が生まれると、本当に彼を愛している、と言う気持ちも次第に強くなっていく。

かつて、きみの離婚は世の中の何100万もの他のケースと同じさ、と彼が言うたびに私は侮辱され、不愉快に感じたものだ。そんなことはない。私のは特別なんだ、と。でも、それもなまじっか間違いではなかったかもしれない。と心の底でつぶやきながら、きょうも私はこの頃ハマっている離婚騒動コメディを観るため、テレビをつける。

 

 

 

The Script of my life〜人生の台本

Next year will count my 30th anniversary of living in New York. That is more than half of my life, so I can safely call myself a New Yorker now. Technically, once you have lived in New York for 10 years you are officially a New Yorker. But after all these years, I hesitate to call myself with that honorable title. Part of me is New Yorker-like, yet part of me is deeply rooted in my Japanese heritage, and part of me strongly resists of being identified as any particular type of race or culture. I prefer to call myself an Earthling.

 

 I have lived most of my life in New York City with a man – my husband. The life with him was pretty much all I knew. I was a young girl from Japan who knew very little about how things worked. Everything my husband taught me became my reality. Though I began traveling and met people all over the world through my career, still the world with him remained the core of my existence.

 

 We stayed together for 27 years and had a daughter together. We faced numerous obstacles each day as a couple. Some of which we overcame together, and some of which never been addressed and resolved. Even still, I don’t think I really imagined a life without him. The time we spent together, his influence over me was far greater than my own family. He was my best friend. And more importantly, he was a big part of the script I had been writing. In my life, I always wrote a script in my mind as to how my life should be, and pretty much lived the way I wrote in my play.

 

 The union with my husband ended last year…. It was quite dramatic and unexpected. Who would have thought you can go through a major identity crisis after age 50? Breaking loose so abruptly from the universally recognized system called MARRIAGE? After our separation a year and half ago in May of 2013, I spent most of my life self-loathing and blaming others. I was crippled with a sense of failing…. I literally fell apart. I was making myself sick.

 

 “I never completed the script I have been writing for 27 years.”

 

P1180741 copy 


来年で私は渡米30年となる。つまり半生以上をニューヨークで過ごした事になり、正式にニューヨーカーという呼び名に値する。正確にはニューヨークで10年以上暮らすとニューヨーカーとみなされるそうで、生まれ育って初めて江戸っ子となれる日本人と違って、外国人でもなれるのがニューヨーカー。でも私は自分をニューヨーカーと呼ぶのにはいささか抵抗がある。自分はニューヨーカーらしい部分もある反面、根っこの部分はかなり日本人だったりするし、でも基本、何処かの国のどの民族の、という言い方よりはEarthling-地球人といういう呼ばれ方が一番しっくりくる。

 

私がニューヨークで暮らしてきた日々はほとんど、夫との生活だった。彼との暮らしが私の知っているアメリカであり、ニューヨークそのものだった。私は若い日本の女の子で、アメリカの暮らし、風習や決まりごとについてほとんど何も知らなかったし、なので夫に教えられたすべてが自分の現実となった。やがて自分の仕事に伴って世界を巡り、世界中の人々と出会う機会に恵まれたが、自分のコアの部分は夫との人生そのものであった。

 

私たちは27年間生活を共にし、娘を設けた。夫婦として様々な障害にも立ち向かっていった。一緒に手を取り合って解決したこともあれば、見ないふりをして、おざなりにしてきた問題もあった。それでも、夫のいない生活は考えられなかった。いつも時間を共有し、彼からの影響は自分の家族よりも多大だった。私たちは何でも話し合える親友だったし、何よりも彼は私の執筆している台本の重要な役者だったのだ。私は今までいつも自分の人生の台本を書き続け、自分の作り上げる台本、その芝居通りの人生を生きて来たのだ。

 

夫と一緒の生活は去年、終焉を遂げた。劇的で、予測のつかない出来事だった。50歳を過ぎて、自分の存在やアイデンティティを揺るがされるようなことになるなんて、誰が予測できただろう?世界的に認められている“結婚”というしきたりからいきなり自分がはじきだされることになるなんて。

1年半前、20013年の5月に夫と別居生活を始めてから、私の苦悶に溢れた生活が始まった。自分をさげずみ、ひとを非難し、“失敗した”という思いに激しく苛まれる毎日が始まった。

 

身も心も消耗しきり、やがて私は体調にも支障をきたし始めるようになったのだ。

そこにあるのは、

“27年間書き続けて来た台本を完成させる事が出来なかった” やるせなさ。

 

 

 

Women’s true happiness 女性の本当の幸せって

Today would have been my Mom’s 83rd birthday. She left her body rather suddenly on August 2014. When I received the e-mail from my sister I was in New York City in the middle of teaching my Yoga Teacher Training course. I remember being completely dumbstruck to learn the news and couldn’t even feel the loss until the end of the day.

  

My mother was someone who didn’t know how to show love. I had a rough time growing up with her constant criticism and abuse towards me. I began to lie to her just to stay out of trouble. Then I wanted to stay furthest away from her. I left home at an early age. Then eventually moved away from the country I grow up in.

 

She never talked much about herself –She grew up during the 2nd World war. She was badly burnt on her hands from the bombings and she always wore gloves in public. She thought she may not be able to marry because of it. But she eventually met my dad and they got married.

 

 When I see her picture when she was younger, she has this bright smile like a thousand Suns. She must have been on top of the world- She was married to a successful business man- had two healthy daughters- She had nothing to worry about. But ….. My mom was not happy. She was always angry. I think she was chronically depressed.

 

 Once upon a time women were told our happiness depends on who we marry.  We fall in love and get married, then that is the end of the fairy tale. Nobody ever told us there is more to the story after the happy ending. If my mother and thousands of other women left everything behind to become a wife, that is because nobody ever told them not to give up themselves- their aspiration- and their own lives. For thousands of years, women did this. And many still continue to live this way. Maybe some women in some cultures don’t have the privilege to choose….. All I can say is that I am so lucky to have a choice. I am so lucky to live the way I want, pursuing my dreams and to be on the path of self discovery.

 

 Happy birthday Mama, Thank you for giving me life. ….. and continuing to inspire me to have self-awareness …… It is the most amazing gift I have ever gotten in life. And I do know you loved me even if you didn’t always know how to show it.

 

 

P1030879 

 

 

 きょうは亡き母が未だ生きていたら83歳の誕生日。母は2014 年の8月に突然この世を離れて行った。姉からメールでニュースが届いたとき、私はニューヨークでヨガの指導者養成コースを教えていた。急な訃報に驚き、その日の終わりまで悲しみも感じることが出来なかったのを覚えている。

 

母は愛情を見せるのが苦手なひとだった。やることなすこと批判され、折檻を受けた私はとても厳しい子供時代を過ごした。あまりにも口うるさく言われるのがいやで、私はそのうちに嘘をついてでも文句を言われる状況を避けるようになった。彼女から少しでも離れたい、と思った。未だ若いうちに家を出て、やがて自分の生まれ育った国を捨てて外国に暮らす身になったのである。

 

母はあまり自分の事を話さなかった。第二次大戦の最中に育ったので、空襲で両手に大やけどをしていた。なのでいつも人前では手袋をしていたっけ。その為に一生お嫁に行けないかも、と思ったそうだ。でもやがて父と出逢い、ふたりは結婚した。

 

母が若かった頃の写真を見ると、太陽のように眩しい笑顔だーまるで世界の頂上に立ってるかのような。出世株の父と結婚し、ふたりの健康な娘に恵まれ、経済的にも何の心配もないーでも母は幸せでなかった。いつも怒ってばかりいた。そして今思うとずっとウツだったのかもしれない。と思う。

 

昔々、私たち女性は結婚によって幸せが決まる、と教えられた。恋に陥って結婚し、それでおとぎ話は終わり。ハッピーエンディングの後にも話が続くなんて、誰も教えてくれなかった。もし母や他の女性たちが妻となるために全てを捨ててきたとしたら、それは誰も彼らに教えなかったからだ。決して自分の夢や自分の人生を諦めるな、とー。女性は何千年も昔からこうして生きてきたし、これからもそんな風に生き続ける女性もたくさんいるだろう。文化的に女性に選択の余地がない場合だってある。私に唯一言えるのは、自分に選択権がある、というその喜び。自分の選んだ生き方をし、夢を追い、自分探求の道を歩む事が出来る、その喜びだ。

 

きょうは亡き母の誕生日。ガーベラの花束を飾って、マントラを唱える。ママ、命をくれてありがとう。ママのおかげで、毎日内面の気づきがあるよ。これこそが何よりも素晴らしい贈り物。あとね。ママは愛情表現が苦手だったけど私の事ちゃんと愛してくれてたって、私知ってる。

 

 

電車の中で copy

 

Shiva, the Destroyer ~ シヴァ、破壊の神

Shiva, the lord of Yoga is known as a “destroyer”.

 

Destruction sounds bad. But we know sometimes it is necessary to destroy, change, or end things. Especially when you know that the situation you are in is not serving you. But way too often, we don’t know what is truly good for us…. Because we become too numb to feel things.  Particularly if you have been living a lukewarm life without too many challenges.

 The Lord Shiva destroys “ignorance”. Ignorance can be translated into many different things.

 How about habits?

 Humans are a creature of habits. We find such comfort staying in one place. We want to sit at the same desk or the same park bench. We want to celebrate holidays the same way.….. year after year.

I’ve seen it happen to people. So many people have trouble moving on even when they know their jobs are not working out for them, or they may be in a wrong industry all together and complain that they have not been able to realize their full potential. Nowadays with the rapid change of technology, we need to look at our situations often and consider making some changes.

 

I understand cockroaches are one of these very advanced creatures that are able to morph into another being. They modify their cell structure to survive against their biggest predator- Bug spray. You may be able to kill a roach with a particular kind of bug spray today, but the same spray may not kill them next week. I am not a big fan of cockroach, but have always wanted to live my life that way.

 

First, “recognize the need to change”- this could a tough one.

 

Then, “having the courage to change”- this is nearly impossible for a lot of us.

 

As a Yogi, we know anything is possible with practice. But while the practice takes years of discipline, only thing we need may be one powerful life changing occurrence which totally awakens us.

 

DSC_1601 copy 

Photography by Ritsu Takada All right reserved©

ヨガの神と言われるシヴァは、破壊の神です。

「破壊」というとなんだか聞こえは悪いですが 時にはものごとを壊し、変え、終わらせる事も必要です。特にその状況が自分にとって良くない、ということがわかったときには。でも本当に自分にとって何が良いのかわからなくなってしまのが人の常。特に生温い暮らしに慣れてしまい、チャレンジもあまりないとね。

 

シヴァの神は「無知」を非難し、破壊します。「無知」という言葉は色々な捉え方が出来ます。

 

例えば、私たちの習慣について考えてみましょう。

人間は習慣の動物。ひとところにとどまっているのが大好きです。いつも同じデスクや公園のベンチに座り、毎年同じようにホリディを過ごす・・・そんな風に生きる人々を私もたくさん見てきました。たとえ仕事がうまくいっていなくても、何かを変えようとしない。下手すると実力を発揮出来ない間違った仕事、産業に何年も留まっっている。テクノロジーの変化によってめまぐるしく環境が変わって行く昨今では、それでなくとも自分の状況を常にチェック、少しずつ変更を加えてていかなければなりません。

 

ゴキブリは自分を容易に進化させることのできる、とても高度な生き物だそうです。最強の天敵(虫除けスプレー)に対抗する為に細胞の構造を変え続け、力強く生存を続けます。きょうスプレーでゴキブリを殺せても、来週は同じスプレーが効かなくなるかもしれません。私はゴキブリは好きでないけれど、彼らの生存能力にはずっと畏敬を感じていました。

 

まず、「自分が変化する必要がある」ということを認識する。

 

次に「変わる事の出来る勇気を持つ」・・・・ 不可能に感じるかもしれません。

 

ヨガを練習していると、たゆみない練習によってあらゆることが可能であることがわかってきます。その練習は何10年もかかるかもしれないのです。しかし、私たちに必要なのはひょっとしたら、一瞬にして私たちを目覚めさせ 生き方をかえてしまうような、力強いひとつの出来事なのかもしれません。