Tag Archives: Negative feeling

Two Wolves2匹のオオカミ

As the autumn arrives, our surroundings and everything about us begin to contract. This subtle energy shift we experience is called “Spanda” in Sanskrit. Though it is a necessary part of our lives, you may experience some uncomfortable emotional stirring. Old wounds and sense of resentment may suddenly take us over and sweep us way. As the long winter approaches,  what can we do to keep our hearts open?  Here is a very simply Indian tale my friend Bill shared with me.

An old Cherokee told his grandson, “My son, there is a battle between two wolves inside all of us. One is evil. It is anger, jealous, greed, resentment, inferiority, lies and ego. The other is good. It is joy, peace, love, hope, humility, kindness, empathy and truth.”
The boy thought about it and asked, “Grandpa, which wolf will win?”
The old man quietly replied, “The one you feed.”

~Thank you Bill for sharing this wonderful story.

It truly nourished my heart.~

秋の到来によって、私たちのまわりの環境全て、そして私たちもが収縮を始めます。このような微細なエネルギーのシフトはサンスクリット語で”スパンダ”と呼ばれています。このようなシフトは生きて行く上で必要なこととはいえ、時にとても嫌な気分を味わうこともあります。過去に負った傷や怒りの感情に突然襲われ、勢い良く流されそうになるかもしれません。これからの長い冬の到来に向け、どのように閉じそうになる心を開いて行ったら良いのでしょうか? ここに友人のビルがシェアしてくれた、とてもシンプルなインディアンのお話をご紹介します。

年老いたチェロキー族の老人が孫息子にこう言った。「息子よ、我々の心の中ではいつも2匹のオオカミが戦っている。1匹はとても残忍だ。怒り、嫉妬、欲、憎しみ、劣等感、嘘とエゴに満ちている。もう1匹は善良なオオカミだ。喜びと平和、愛、希望、謙遜心、親切心、慈しみと真実そのものなのだ。」
少年は少し考えてから問い返した。「おじいちゃん、それじゃあ、どっちのオオカミが勝つんだろう?」
老人は答えた。「お前が餌をやった方だよ。」

~ビル、この物語をシェアしてくれてありがとう。

おかげで心がホカホカになった。~

two-wolves